とまとの栽培について

ここ数年悩んでいるのがトマトの誘引方法と仕立て方。現在行っている支柱を使った斜め誘引か天井から吊り下げるヒモ誘引が良いのか、一本仕立てで良いか株間を狭くした方が良いのかなど。

悩むようになった原因のひとつにゲリラ豪雨があります。大柳生では夏の冷涼な気候を生かした夏秋栽培が主ですが7~8月の豪雨で畑が水浸しになってしまい草勢が弱ってしまいます。収穫時期が7~10月なのに8月いっぱいで終了してしまう状態になってます。

一番の解決策はビニールハウスを移設することですが現状では難しいです。
そこで来年は株間を狭くし栽植密度を増やし7.8月いっぱいまで収穫する短期集中型にかえるのも有りかななんて考えてます。

無農薬とまと
トマトの誘引

大阪 産地直送のオーガニック野菜の店
FUjiYA – 冨士屋(ふじや)

〒558-0004
大阪市住吉区 長居東3丁目 7-5 1F
E-Mail:info@organic-fujiya.com
ご質問やご相談などはこちらからお問い合わせください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

5 × 3 =

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

店主が生まれ育った大阪長居の街で、土壌や環境に優しい有機や無農薬などで栽培された野菜を販売しています。地元関西の農家さんを中心に全国から集まる、個性あふれるエネルギッシュな野菜を、収穫したての鮮度でお届けしております。