泉州の玉ねぎ

有機玉ねぎ
今や知らない人がいない淡路の玉ねぎ。
柔らかく甘みがあり、とっても美味しいですよね(^^)
この淡路の玉ねぎですが、泉州から技術を導入して作られたというのはあまり知られていません。
 
日本で玉ねぎの栽培がはじまったのは明治になってから。北海道と大阪泉州の2カ所で玉ねぎの栽培がはじまり、淡路へは大正になってから大阪泉南の栽培技術が伝わりました。玉ねぎってもっと古くから栽培されていたイメージがありますが、日本での歴史は意外と浅く、洋食の普及とともに全国に広まっていったそうです。
で、前置きが少し長くなりましたがw  藤原さん(岸和田塔原)の玉ねぎが、今年も順調にスタートしています(^^) 藤原さんの玉ねぎの魅力はやはりその美味さに尽きます。
もちろん価格が安いとか、有機JAS認証の畑で栽培しているなど、他にも魅力はたくさんありますが、泉州という玉ねぎには煩い地域で一目置かれている藤原さんの玉ねぎの良さを、まずは理屈抜きで五感で感じていただければと思います。
藤原さんの玉ねぎは今年も美味しく、お客さまに大人気です( v ̄▽ ̄)

奈良県伝統野菜、片平あかね

大阪 産地直送のオーガニック野菜の店
FUjiYA – 冨士屋(ふじや)

〒558-0004
大阪市住吉区 長居東3丁目 7-5 1F
※大阪メトロ 御堂筋線 長居駅④出口 徒歩5分
E-Mail:info@organic-fujiya.com
ご質問やご相談などはこちらからお問い合わせください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

three × two =

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

店主が生まれ育った大阪長居の街で、土壌や環境に優しい有機や無農薬などで栽培された野菜を販売しています。地元関西の農家さんを中心に全国から集まる、個性あふれるエネルギッシュな野菜を、収穫したての鮮度でお届けしています。