オーガニック八百屋のミリン

先日みりんの在庫を訪ねられ、FUjiYAは酒類販売許可をとってないので取り扱いのできる「みりん風」を紹介すると「本みりん」しか使わないとの事。本物志向なのは良いのだけれど、「風」と言うだけでニセモノっぽく見られるふしがあるので、今日はFUjiYAで扱っているみりんについてまとめてみました。

みりんには大きくわけて3つのグループがある。

・本みりん

もち米・米麹・アルコール →熟成発酵

アルコール分 8~15度

酒税がかかり酒類販売免許がなければ販売できない。

・みりん風 調味料

ブドウ糖や水あめ等の糖類・米・米麹・うまみ調味料・香料を調合

アルコール分 1度未満

酒税がかからないので販売するのに酒類販売免許は必要なし

本みりんよりも安価

・みりん風 発酵調味料

もち米・米麹・アルコール →熟成発酵 →食塩を加える

アルコール分 8~15度

本みりんと同じ熟成させて作る発酵調味料。

アルコールも含んでいるが、塩を加えて飲用扱いではないので酒税がかからず、本みりんより安価。

FUjiYAのみりんは3番目の【みりん風 発酵調味料】

有機もち米・有機米・有機米麹・食塩

有機栽培米100%使用の、有機みりん風です。

酒税がかからないようわずかな塩分が入っていますが、そもそも多くの料理には塩は使われているのでほとんどの人は気にならないレベル。それよりも日々の調理に使う調味料なので、調理の時にちょっと気を使うだけで質の高いものが税金分安くなるというのはとても魅力的(-_-)-☆

何が本物で、何がニセモノか、人それぞれの価値観や基準があるので何とも言えませんが、毎日の食事に気軽に使うなら、私は本みりんでなくても良いのかなぁと思うのですが…。

FUjiYAのみりん風は、そんなお客さまに選んでいただきたい、こだわりの逸品です( ^^)/☆

大阪 産地直送のオーガニック野菜の店
FUjiYA – 冨士屋(ふじや)

〒558-0004
大阪市住吉区 長居東3丁目 7-5 1F
※大阪メトロ 御堂筋線 長居駅④出口 徒歩5分
E-Mail:info@organic-fujiya.com
ご質問やご相談などはこちらからお問い合わせください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

14 + 12 =

ABOUTこの記事をかいた人

店主が生まれ育った大阪長居の街で、土壌や環境に優しい有機や無農薬などで栽培された野菜を販売しています。地元関西の農家さんを中心に全国から集まる、個性あふれるエネルギッシュな野菜を、収穫したての鮮度でお届けしています。