焼肉屋のロースは要注意!

八百屋の夕食
今日の夕食は鉄板焼き♪いつもは野菜がメインで食事の献立を決めるわが家ですが、今日はとにかく肉が食べたくて鉄板焼きにしました。明日は定休日で仕事がないので、ビールを飲みながらのんびりとしています(^。^)

最近、牛肉を食べるときに買うのが《もも肉》。
少し前までは脂がのった霜降りの肉が大好きでしたが、最近は柔らかくてコスパの良いもも肉(ロースの半値ほど!)に好みが変わってきました。
年齢的なことも大きく関係していると思いますがww
ところでこのもも肉、数年前まで安さがウリの焼肉屋さんでは《ロース》と表記して提供されていたのを皆さんご存知でしょうか?
農水省の基準では、牛の肩から背中にかけての肉を「ロース」とされていますが、焼肉業界では昔からの慣行として、ももなどの赤身の肉を「ロース」、本来ロースとされているリブロースやサーロインを「上ロース」として販売していましたが、消費者からそれはアカンやろ?!と強いツッコミが入り、2010年からは《もも肉》を《ロース》と表示することができなくなりました(←当然ッ!)で、表記に困った焼肉業界が新しく考えたもも肉の名称が《ヘルシーロース》。なんだか本物のロースより健康的なイメージ??(-_^:)
もも肉は、サーロインやロースの約半値で買えるリーズナブルなお肉。
業界としては安い肉を高く売りたいのでしょうが、ロースでない肉をロースとする事にそもそも無理があります。もも肉は安価で美味しいんだから正直な表記で売ればいいのに、ブランド指向が強い日本では《もも肉》では売れないと業界は判断しているのでしょうか?なんだか消費者をバカにしたような話です。
オージーのロースやサーロインよりも、和牛のももの方がやわらかく味があって美味しいと思う私は、2本目のビールを飲みながら、朝から食べたかった牛肉をつまんでいます(^0^)

八百屋の夕食

大阪 産地直送のオーガニック野菜の店
FUjiYA – 冨士屋(ふじや)

〒558-0004
大阪市住吉区 長居東3丁目 7-5 1F
※大阪メトロ 御堂筋線 長居駅④出口 徒歩5分
E-Mail:info@organic-fujiya.com
ご質問やご相談などはこちらからお問い合わせください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

6 − one =

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

店主が生まれ育った大阪長居の街で、土壌や環境に優しい有機や無農薬などで栽培された野菜を販売しています。地元関西の農家さんを中心に全国から集まる、個性あふれるエネルギッシュな野菜を、収穫したての鮮度でお届けしています。