冬の無農薬野菜、そろそろ終了〜

有機栽培と端境期
今朝の岸和田の畑(塔原)は-3℃。
今週はまだ、朝晩は冷え込む日もあるようですが、春分の日も終わり、冬の野菜はもうそろそろ終わりそうです。
これから畑では、冬の野菜を片付け、夏に向けての準備が急ピッチに進みます。
このような野菜の切り替え時期の事を、端境期(はざかいき)と言います。

端境期には、夏野菜の準備のために一旦畑をきれいに整理するため、畑からは野菜が無くなってしまうので、FUjiYAの店頭も野菜が非常に少なくなり、毎年苦労するのがこの端境期。
旬の野菜を扱っている八百屋にはイヤ〜なシーズンになります😅
こんな時期に毎年やっているのが、大阪からちょっと離れている農家さんへの訪問や、店の模様替え、プチ改装など、普段やりたくても時間的にできないアンナ事、コンナ事。
野菜が少ないこの時期に思いきって店を休ませていただき、普段できていないことをやっております。
今年もまずは来週の月曜日を臨時休業させていただき、その後は毎週木曜日をしばらくお休みさせていただく予定にしています。
農家さんが冬の野菜を片付けて夏の野菜を準備するこの時期に、FUjiYAも今後の備えを怠らず、より良い店作りのための準備を進めていこうと思います(^。^)

有機栽培と端境期

大阪 産地直送のオーガニック野菜の店
FUjiYA – 冨士屋(ふじや)

〒558-0004
大阪市住吉区 長居東3丁目 7-5 1F
※大阪メトロ 御堂筋線 長居駅④出口 徒歩5分
E-Mail:info@organic-fujiya.com
ご質問やご相談などはこちらからお問い合わせください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

one × two =

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

店主が生まれ育った大阪長居の街で、土壌や環境に優しい有機や無農薬などで栽培された野菜を販売しています。地元関西の農家さんを中心に全国から集まる、個性あふれるエネルギッシュな野菜を、収穫したての鮮度でお届けしています。