有機の郷の彼岸花

塔原の彼岸花
毎年この時期に花を咲かせる彼岸花(ひがんばな)
まるでカレンダーを見ているかようにお彼岸の前後に花が開きます。
今日の画像は、有機野菜の里、岸和田塔原に咲いていた彼岸花です。

名前の由来は開花時期が彼岸ごろだというのが一般的に知られていますが、実はこの花は有毒で、これを食べた後は「彼岸(あの世)」しかない、という物騒な説もあります(¨;)
調べてみると有毒だというのは本当で、食した場合は吐き気や下痢、ひどい場合は中枢神経が麻痺して死にいたることもあるそうです。
田舎にいくと田んぼの横で彼岸花をよく見かけますが、ネズミやモグラなどの田んぼを荒らす動物や虫の被害から作物を守るために、農家さんの智恵で田畑の近くに植えたのがはじまりのようです。
大阪市内で生まれ育った私には、知らないことがホントに多いですφ(.. )

塔原の彼岸花

大阪 産地直送のオーガニック野菜の店
FUjiYA – 冨士屋(ふじや)

〒558-0004
大阪市住吉区 長居東3丁目 7-5 1F
※大阪メトロ 御堂筋線 長居駅④出口 徒歩5分
E-Mail:info@organic-fujiya.com
ご質問やご相談などはこちらからお問い合わせください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

4 × three =

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

店主が生まれ育った大阪長居の街で、土壌や環境に優しい有機や無農薬などで栽培された野菜を販売しています。地元関西の農家さんを中心に全国から集まる、個性あふれるエネルギッシュな野菜を、収穫したての鮮度でお届けしています。