カンユって何やったんやろ??

肝油は危険?!

先日ご来店いただいたお客さま。

幼稚園で出されるカンユドロップは砂糖のかたまりなので子供には食べさせたくない、そのかわりに何か子供に食べさせてあげれるような飴があればいいなと、FUjiYAにお越しになりました。

カンユドロップ??

私が幼稚園の時にもあった表面がザラッとした白いグミみないなやつの事??

出席ノートにハンコもらう時に1つもらえるのですが、それが甘くてお菓子みたいだったので2つ3つ欲しかったのに1日1つと決まっていた、あのカンユの事でしょうか?

もしそうなら今も幼稚園で配っているんですね〜

ところで私が昔食べてたカンユって何なのでしょうか??

何を幼稚園の時に食べさせられていたのでしょうか?

今になって気になってきたのでちょっと調べてみました…。

 

カンユは漢字で【肝油】と書きます。

サメやタラ、エイなどの肝臓に含まれる液体から抽出した脂肪分のことをいい、ビタミンA、Dを多く含むことから、これらの欠乏が原因の病気の治療や予防に使われています(サプリってやつですね!)

現在は魚の油は使われておらず、ビタミンAとビタミンDを混ぜ合わせて、植物由来の天然増粘剤で固めて作られているようです。

ビタミンAは、夜間の視力の維持を助けたり皮膚や粘膜の健康維持に必要な栄養素で、ニンジンやカボチャなどの緑黄色野菜、レバー、ウナギ、卵や乳製品を摂ることで補充されます。

ビタミンDは、体内でカルシウムの吸収を促進させ、正常な骨格と歯の発育促進に必要な栄養素で、小松菜などの緑黄色野菜や、干しエビやししゃも、乳製品を摂ることで補充されます。

ビタミンAもDも日々のオーガニックな食事で十分に摂ることができればそれが1番なのでしょうが、野菜にレバーに小魚…。確かにどれも子供たちが進んで食べるものでも無さそうなので、食事の栄養補助として、甘くて食べやすい肝油ドロップを幼稚園で配っていたのでしょうね(^^)

先日のお客さん、それでも肝油ドロップ止めるのかな??

肝油は危険?!

大阪 産地直送のオーガニック野菜の店
FUjiYA – 冨士屋(ふじや)

〒558-0004
大阪市住吉区 長居東3丁目 7-5 1F
※大阪メトロ 御堂筋線 長居駅④出口 徒歩5分
E-Mail:info@organic-fujiya.com
ご質問やご相談などはこちらからお問い合わせください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

five + 15 =

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

店主が生まれ育った大阪長居の街で、土壌や環境に優しい有機や無農薬などで栽培された野菜を販売しています。地元関西の農家さんを中心に全国から集まる、個性あふれるエネルギッシュな野菜を、収穫したての鮮度でお届けしています。