まな板のカビ落とし

10年以上前に購入したヒノキのまな板。

とても気に入って使っているまな板だけど、この1年でカビ黒い部分が目立ってきたので、そろそろ買い替え時かなぁと思っていたところ、まな板のカビを落として同じまな板を使い続けている人の記事をネットで見つけ、早速、日曜日にマネをしてやってみた。

シュコ、シュコ、シュコ…

荒めの紙やすり(100番)で一生懸命削るが、長年かけてついた黒いカビがなかなか落ちない。

そして、地味にしんどい(-_-;)

シュコ、シュコ、シュコ…

辛抱強く頑張ってみるけど、しんどい割に作業がはかどらない。

モノを大切に使おうと思いはじめたまな板のカビ落としだけど、数千円で買えるまな板に、貴重な休みの時間と労力を使うのはちょっともったいないよなぁ…という弱音も出てきたところで一旦作業を止め、気分転換に包丁を研ぐ砥石を買いにホームセンターへ行くと、砥石のコーナーの横に、「削って、カンタン、きれい『まな板削り』」というグッズを発見(-_-)-☆

「手軽」に削ってスッキリ清潔!というコピーに期待をかけ、早速買って帰って作業を再開。

ザッ、ザッ、ザッ…

腕がダルくなるほどの労力と時間は何だったんだ?と思えるぐらいカビが落ちていく。

ザッ、ザッ、ザッ…

見る見るまな板が白くなってくるので作業をしていて楽しい。

そして、ガンコなカビに勝ったぞ!という充実感(´。`;)ホッ

日曜日に一仕事を終えて飲むビールが美味しかったことは言うまでもありません。

健康のためにもこれからはまな板のカビに注意をし、清潔なまな板を維持しようと思います(^_-)-

大阪 産地直送のオーガニック野菜の店
FUjiYA – 冨士屋(ふじや)

〒558-0004
大阪市住吉区 長居東3丁目 7-5 1F
※大阪メトロ 御堂筋線 長居駅④出口 徒歩5分
E-Mail:info@organic-fujiya.com
ご質問やご相談などはこちらからお問い合わせください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

five + 11 =

ABOUTこの記事をかいた人

店主が生まれ育った大阪長居の街で、土壌や環境に優しい有機や無農薬などで栽培された野菜を販売しています。地元関西の農家さんを中心に全国から集まる、個性あふれるエネルギッシュな野菜を、収穫したての鮮度でお届けしています。