芋名月に衣かつぎ

大阪岸和田の早生里芋
今年の中秋(旧暦の8月15日)は明日15日。そして満月は17日です🌕
中秋の名月は別名「芋名月(いもめいげつ)」と呼ばれ、里芋を皮のまま蒸して食べる「きぬかつぎ」が定番になっています。という記事を読み、きぬかつぎ??と思ったので調べてみました・・・

私の実家では、十五夜は月見団子を和菓子屋さんから買ってきて夕食後に家族で食べる程度のイベントでした。なので「きぬかつぎ」が何か知らなかったのですが、きぬかつぎとは、皮付きのまま子芋を「蒸す」か「茹でる」料理のことだそうです。
昔、身分の高い女性が外出する際に、顔を隠すために単衣の着物を頭に覆っていました。その衣装が「衣被ぎ(きぬかづき)」と言われていたそうで、皮付きの里芋がその衣被ぎの姿を連想させるので「きぬかつぎ」と呼ばれるようになったようです。
作り方は、①里芋は良く洗って蒸すか茹で、②竹串を刺してみてすっととおるくらいに柔らかくなったら包丁でぐるりと一周皮に切込みを入れ上半分の皮を取って完成♪と、とっても簡単!
小皿にお好きな塩を入れ、これをつけながら食べてください。また、味噌にみりんや砂糖を入れて火にかけて練った甘いみそをつけてもおいしいですし、子供さんにはマヨネーズもいいかも。
多めに作って残ったら皮をむいて保存しておけば、他の料理に使いまわせるので便利。何の味もついてないので、コロッケやグラタン、煮物に、みそ汁にもオッケーです。
毎年好評の藤原さんの里芋でいかがでしょうか?(^_−)−☆

大阪岸和田の早生里芋

大阪 産地直送のオーガニック野菜の店
FUjiYA – 冨士屋(ふじや)

〒558-0004
大阪市住吉区 長居東3丁目 7-5 1F
※大阪メトロ 御堂筋線 長居駅④出口 徒歩5分
E-Mail:info@organic-fujiya.com
ご質問やご相談などはこちらからお問い合わせください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

10 + 5 =

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

店主が生まれ育った大阪長居の街で、土壌や環境に優しい有機や無農薬などで栽培された野菜を販売しています。地元関西の農家さんを中心に全国から集まる、個性あふれるエネルギッシュな野菜を、収穫したての鮮度でお届けしています。