夏のオーガニック、食べ忘れにご注意を🍅

無農薬トマトも終わり

先週末の嵐のような雨をさかいに、野菜の集荷に行く早朝の田畑では、秋の空気を感じるようになりました( ゚-゚)トオイメ

先日の日曜日は二十四節気の1つ処暑(しょしょ)

暑さが峠を越え、後退し始める頃と言われています。

日中はまだ暑い日が続き、大阪の街で秋を感じるのはとても難しいですが、大きな自然のサイクルは、どうやら夏から秋へと切り替わったようです。

そして寂しいのが、各地の農家さんから入る夏野菜終了の知らせ…

えっ?!まだまだ暑いし夏でしょ?と思うかもしれませんが、野菜は今までのように大きくならず、皮が厚くなり、タネが増え、畑の野菜たちは次のシーズンに向けて子孫を残すためにエネルギーを使うようになります。

植物としては当然の変化ですが、人間にとっては【おいしい野菜】ではなくなってくるので、農家は夏野菜のスペースを片付けはじめ、旬の野菜を売りにしている八百屋やスーパーマーケットは美味しい夏の野菜が入ってこなくなるので販売を縮小しはじめるのがこの時期です。

収穫したての完熟オーガニックトマトを少しでも長く食べ続けたいなら冷凍しておくのも1つの手。わが家では涼しくなるとトマト鍋をしたくなるので、その時のためにまだトマトが美味しいこの時期にたくさん冷凍しておきます。

それでもやっぱり栄養価の高いフレッシュなものは今のうち☝️

くれぐれも食べ忘れのないようにご注意ください⚠️⚠️⚠️

無農薬トマトも終わり

大阪 産地直送のオーガニック野菜の店
FUjiYA – 冨士屋(ふじや)

〒558-0004
大阪市住吉区 長居東3丁目 7-5 1F
※大阪メトロ 御堂筋線 長居駅④出口 徒歩5分
E-Mail:info@organic-fujiya.com
ご質問やご相談などはこちらからお問い合わせください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

14 + nineteen =

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

店主が生まれ育った大阪長居の街で、土壌や環境に優しい有機や無農薬などで栽培された野菜を販売しています。地元関西の農家さんを中心に全国から集まる、個性あふれるエネルギッシュな野菜を、収穫したての鮮度でお届けしています。