オーガニックな日焼け止め

オーガニック コスメ

オフシーズンや室内ではSPF30で十分、だけど春先から夏にかけてはSPF50が必須!とゆー記事を見ました。
本当にSPF50は必須なの??とゆーところを今日は少し…。

紫外線防止剤(UVクリーム)に書いてるSPF値は、数値が高いほど強固に紫外線から肌を守ってくれるイメージがありますが、実はこのSPF値、肌を「ガードする力」ではなく、紫外線から「ガードする時間」を表しています。

具体的には、SPF1を20分とし、

SPF15だと、20分 × 15= 300分(5時間)
SPF30だと、20分 × 30= 600分(10時間)
SPF50だと、20分 × 50= 1000分(16時間以上)

日焼けからお肌を守ってくれるという数値で、紫外線をガードする強さではありません。なので、仮に日の長い夏でも1000分(16時間以上)もガードを維持する機能は必要ないので、個人的にはSPF50よりも肌に対しての刺激が少ないSPF30を選び、汗で流れたりタオルで拭いたりした時に塗り直すようにした方が、高SPFのクリームを塗ってほったらかしにした状態よりも肌に優しく、そして日焼けも防げると思います(^^)v

FUjiYAではバリア機能を回復し消炎作用や美白効果、保湿効果があり、しかも一般のUVクリームと変わらない使い心地のよいクレコス『UVプロテクト30』をオススメしております。

店内にテスターもありますので、ナチュラルで白浮きしないクUVクリームをお探しの方はぜひ、お野菜のお買い物ついでにFUjiYAでお試しくださいッ!(^O^)/

オーガニック コスメ

大阪 産地直送のオーガニック野菜の店
FUjiYA – 冨士屋(ふじや)

〒558-0004
大阪市住吉区 長居東3丁目 7-5 1F
※大阪メトロ 御堂筋線 長居駅④出口 徒歩5分
E-Mail:info@organic-fujiya.com
ご質問やご相談などはこちらからお問い合わせください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

three × 4 =

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

店主が生まれ育った大阪長居の街で、土壌や環境に優しい有機や無農薬などで栽培された野菜を販売しています。地元関西の農家さんを中心に全国から集まる、個性あふれるエネルギッシュな野菜を、収穫したての鮮度でお届けしています。