野菜のお買い物はマイバッグで

環境省が、レジ袋の無償配布を禁止する方針を発表しましたね。
プラスチックごみ問題が世界的な課題となる中、法令制定に向けていよいよ国が動きだしました。
 
FUjiYAでは昨年12月よりマイバッグのご利用をお願いしておりますが、お客さまの積極的なご協力のおかげで、レジ袋を1枚も使わないという日も珍しくなくなりました。あれだけ毎日たくさん使い、補充を繰り返していたレジ袋ですが、この数ヶ月まったく補充していません。
 
マイバッグをお願いする以前は、小さな店からビニール袋を無くしたくらいで何が変わるの?というような事を考えたりもしましたが、こんなに減らすことができるならもっと早く行動しておけばよかったと今では思います。
 
レジ袋で節約できた金額分は、新鮮なオーガニック野菜の価格にしっかりと反映させていただいております。質の良い商品を適正な価格でお客さまに提案できるようになったという点でも、レジ袋を有料にして良かったと思います。
 
よくよく考えると、今までは商品にレジ袋の金額を乗せていたので、お買い物をする全てのお客さまに均等に袋代を負担していただいおりましたが、必要なお客さまだけに袋を買っていただくようにすることで、マイバック持参のお客さまにも公平感のあるお値段でお買い物をしていただけるようになりました。
 
ネットでは「レジ袋は今のまま無料がいい」という記事を目にしますが、レジでお金は取ってなくても、お店は必ずどこかで袋の金額を回収しています。商売をしているのですからそれは当然で無料でもらえるモノなんかありません。袋の金額が見えないところで回収されるのが良いか、自らの意思で購入するのが良いかの違い。
 
スーパーでやってる「レジ袋を断れば◎円キャッシュバックします!」は本末転倒な話で、全ての商品に袋代をわざわざ乗せているのにそこからまた袋代をバックする。それなら最初から商品に袋代は乗せなかったらいいのに。袋が必要な人だけ購入するようにすればキャッシュバックなんか必要無いんじゃないの?なんて私は思ったりするのですが、皆さんはどう思われますか??
 
どちらにせよこんな小さな店でも沢山の量のビニールを節約できるんですから、コンビニやスーパーが本気で取り組めばどれだけ多くのプラスチックゴミが削減され、環境の保護に役立つのか、安易に想像できます。
 
以前から書いていますが、どうせレジ袋を使わないという方向に進むのなら、国に義務付けられる前に自主的に始めたいですよね、マイバックのある生活を🛍
オーガニックのお買い物はマイバッグで

大阪 産地直送のオーガニック野菜の店
FUjiYA – 冨士屋(ふじや)

〒558-0004
大阪市住吉区 長居東3丁目 7-5 1F
※大阪メトロ 御堂筋線 長居駅④出口 徒歩5分
E-Mail:info@organic-fujiya.com
ご質問やご相談などはこちらからお問い合わせください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

7 + twelve =

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

店主が生まれ育った大阪長居の街で、土壌や環境に優しい有機や無農薬などで栽培された野菜を販売しています。地元関西の農家さんを中心に全国から集まる、個性あふれるエネルギッシュな野菜を、収穫したての鮮度でお届けしています。