とまと

無農薬とまと麗夏

今年もトマト定植しました。

例年通り大玉トマトは完熟収穫でき食味の良い麗夏。

ミニトマトは昨年栽培し甘味が強くおいしかった千果とオレンジ千果。

冬の間にビニールハウスを建設し新しい畑で栽培する予定でしたが間に合わず、5年連続同じところでの栽培になります。

ここ数年、土壌病害に悩まされているだけに心配はありますができる範囲の対応はしたつもりなので後は信じて栽培するだけです。

無農薬ミニトマト

ミックスサラダ

無農薬栽培レタス

秋から栽培してきたミックスサラダもそろそろ終了です。

ミックスサラダの栽培を始めてから今年が一番出来が良かったと思います。 

要因としては、

種を1品種事に変えた事

以前より密植にした事

種前に畝面をバーナーで焼くことで雑草の発生を遅らせる事が出来たこと

などがあると思う。

これからの課題は

発芽を揃える事

品種により発芽までの時間が違うので一斉収穫出来るよう種まき時期をずらす事

これらが出来れば更に良くなる気がします。

作ってみました

有機レタスカッター 

ベビーリーフの収穫方法は、ハサミやナイフでカットしたり、剪定用のバリカンを使ったり、専用の収穫機を使ったりと、農家さんにより様々です。

うちでもハサミで収穫してますがいまいち効率があがりません。

そこでベビーリーフ専門で作っておられる農家さんが使われてる道具を真似てみました。

ホームセンターで98円で売っている火挟みを2つくっ付けて持ちやすくしただけのものです。

実際使ってみて、はさみで収穫するより、一度に3倍は収穫できます。

まだ、微調整は必要ですが慣れれば効率上がるのは間違いなさそうです。

エンドウ豆

昨年は大失敗したエンドウ。

ひとつも取れませんでした。

今年は今のところ順調です。

畑を変えただけでこれほどネキリムシの食害が無いかと言うほど今年は生えてます。

そろそろ支柱と追肥をする時期です。

まだまだ寒い時期が続くので油断せず管理し春には美味しいスナックえんどう、絹さや、実えんどうが取れるようがんばります。

えんどうの横のたまねぎも順調です。

自然栽培えんどう豆

ベビーリーフ

無農薬オーガニックリーフ

ベビーリーフ用のレタスを撒きました。

今収穫しているものは秋に種まきしたもので寒さが厳しくなってくるにしたがい凍害や病気で枯れるものが増えていきます。

なので5月の収穫が終わるまでに3回くらい種まきします。
 
2月中旬には柔らかいベビーリーフが食べられる予定です。

自然栽培ベビーリーフ

雪のトマトハウス

今年初の雪。

天気予報では一週間も前から関西でも大雪の恐れと。

倒壊の恐れもあるのでビニールハウスのつっかえ棒のチェック。

竹を切ってきて新しいものに交換。

クルマのタイヤも磨耗してツルツルだったのでスタッドレスタイヤに交換。

早い段階での天気予報の注意換気のおかげで何事もなく無事雪をやり過ごすことができました。

オーガニックな雪化粧

オーガニックな雪ダルマ

ビニールハウス

とまとのビニールハウス

昨年まで5年ほど同じハウスでトマト栽培をしていましたが、そろそろ連作障害がひどくなり場所を変えなくてはならなくなってます。

そこで昨年は引退される農家さんを4件ほど周り中古ビニールハウスを譲ってもらいました。

4月にトマトを植えつける予定なのでなんとかそれまでに完成させたいです。

ハウスの解体をしていると近所の農家さんがうちも来年引退するから解体してくれと言っておられました。 

日本の農業は大丈夫かなぁ。

壬生菜

オーガニック壬生菜

漬物にするとものすごくごはんがすすんでしまう壬生菜。

毎日食べてます。
 
そんな壬生菜ですが、今年は、やや日当たりの悪い畑に植えたせいか雑草が生え始めると湿気るのか、地際部分に病気が出始めていました。
 
しかし、気温が下がり、霜がおりるようになってから病班がかなりへってきました。

なぜかは分かりませんが、気温、湿度の変化や成長スピードなどが関係しているのでしょうか?

ニンニク

無農薬にんにく栽培
にんにくの芽が出始めました。

品種は福地ホワイト。

ニンニク品種には暖かい所での栽培に向く暖地系と比較的寒い所で栽培の向く寒地系品種があります。

私の住んでいる地域は奈良市でも比較的標高がありどちらの品種が合うのか何度か試した結果、抜群に寒地系の福地ホワイトが良い結果がでました。

6月の収穫期、土から抜きあげ皮を一枚めくると現れる真っ白な姿。最高です。

油で揚げて食べるとホクホクして絶品です。

是非一度試してみてください。

片平あかね

奈良県伝統野菜、片平あかね
奈良県の伝統野菜。奈良県山添村の片平地区で昔から作られてきた蕪です。

根はきれいな赤色で漬物などに適しています。

この地域では滋賀県の日野菜に似ている事から日野菜と呼ばれていたようですが2006年に奈良県の伝統野菜に認証されるにあたり片平あかねと名ずけられました。

今年は種まきが遅れたため12月末からとなりそうですがよかったら一度ご賞味ください。