とまと

トマト

無農薬とまと 産地直送

毎年、同じ時期にトマトを植えてますがいつも収穫開始期がちがいます。

3年前は6月初旬に採り初めましたが去年と今年は6月末と毎年、気温や天候で変わってきます。

そして、病気についても今までさほど気にならなかった種類が激しく発生するようになってきてます。

病気になる原因には色々あると思いますが、まず気象環境の変化に素早く反応し野菜の生育しやすい状態を保てるよう私自身が努力しなければと感じる今日この頃です。

トマト

オーガニックトマト
 
毎年、8月後半から収穫量が一気に減り始めるトマト。

今年は対策として4月定植と6月定植の2回に分けてみました。

4月定植分が疲れ出す8月中旬以降に6月定植分が最盛期にもっていければベストです。

6月定植分には、定番品種の麗夏と試作として新品種の麗月も少し入れてます。

この新品種は樹が疲れ始める8月後半以降に強い品種らしいので期待してます。

仕立て方も支柱誘引から紐誘引にかえてみます。

とまと

無農薬とまと麗夏

今年もトマト定植しました。

例年通り大玉トマトは完熟収穫でき食味の良い麗夏。

ミニトマトは昨年栽培し甘味が強くおいしかった千果とオレンジ千果。

冬の間にビニールハウスを建設し新しい畑で栽培する予定でしたが間に合わず、5年連続同じところでの栽培になります。

ここ数年、土壌病害に悩まされているだけに心配はありますができる範囲の対応はしたつもりなので後は信じて栽培するだけです。

無農薬ミニトマト

とまとの栽培について

トマトの誘引

ここ数年悩んでいるのがトマトの誘引方法と仕立て方。現在行っている支柱を使った斜め誘引か天井から吊り下げるヒモ誘引が良いのか、一本仕立てで良いか株間を狭くした方が良いのかなど。

悩むようになった原因のひとつにゲリラ豪雨があります。大柳生では夏の冷涼な気候を生かした夏秋栽培が主ですが7~8月の豪雨で畑が水浸しになってしまい草勢が弱ってしまいます。収穫時期が7~10月なのに8月いっぱいで終了してしまう状態になってます。

一番の解決策はビニールハウスを移設することですが現状では難しいです。
そこで来年は株間を狭くし栽植密度を増やし7.8月いっぱいまで収穫する短期集中型にかえるのも有りかななんて考えてます。

無農薬とまと

大玉とまとが採れはじめました

無農薬栽培 とまと

大玉とまとが採れはじめました。
去年より半月早く定植し、5月の天気も良かったので収穫が例年より1ヶ月早まりました。

大玉トマトはうちの定番品種、麗夏です。
今年はさらにミニトマト(千果、イエローアイコ)、中玉トマト(レッドオーレ)も植えてます。

ミニ、中玉トマトの収穫はもう少し先になりますがどれも味に定評のある品種なので楽しみです。

有機栽培 とまと

トマトの定植

とまとの定植2015-1

4/19トマト定植しました。

今年は育苗せず購入苗をつかいます。

約700本の苗が一気に届いたので焦りながら、畑の準備!何とか定植できました。
就農してからずっと自分で苗つくりをしてきましたが今回、届いた苗を見てやっぱり自分で育てた方がガッチリした苗ができるなと感じました。

まぁ、その分、手間暇係るけど。

とまとの定植2015-2