Kawasaki Z900RS

有機野菜をバイクで集荷

見てはいけないモノを見てしまった…
むっちゃカッコイイわぁ…コレ。
年に1〜2回、本気でバイクに乗りたくなるこの衝動(-_-;)

免許がとれる年齢になってすぐにバイクの免許をとった。
アルバイトをして貯めたお金ではじめての愛車ヤマハのRZ250Rを買い、それからも何台もバイクを乗り継いだ。
乗り継いだのは別にお金持ちだったわけでなく、アクシデントに巻き込まれて鉄パイプで破壊されたり、買いなおしたバイクが盗難に(2回も!)あったり、バイク便のバイト時代に何台か仕事用で安いのを乗り継いだりといった、必要に迫られてという感じ。
暑かったり、寒かったり、雨でずぶ濡れになったり、時には事故に巻き込まれて痛い思いもしたけど、バイクに乗るのが本当に楽しかった。

バイク便のバイトを辞めて社会人になり、責任のあるポジションにつくようになってからは、次第にバイクから遠ざかるようになった。
本当は乗りたいのに車が安全だと自分に言い聞かせ(本当にそうだからこそバイクを降りたのだけど)、バイクに乗りたい気持ちを心の奥底に閉じ込めた。
そう、完全に閉じ込めていたはずなのに…
この年齢になってまた、チラッ、チラッ、とバイクのことを思い出すようになった。

「車の方が安全やで」
「バイクなんか置くとこないやん」
「仕事で忙しいのにいつ乗るん?」
「乗る時間ないのに維持費バカにならんで」と、
心に封印をしようとする自分と、

「年々体力は衰えるんやから乗るなら今やで」
「気持ちを我慢したらきっと後悔するで」
「仕事頑張って趣味も楽しんだらいいやん」
という思いっきり前向きな自分との闘い。

さて、その決着は・・・

えっ?誰ですか??
オーガニックな野菜を扱う仕事してるんやから、ガソリン燃やす乗りモンやなく自転車にしとけという声が聞こえたような…www

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*