おでんの後の、神〆(シメ)

神ってるカレーうどん

ここ大阪長居は先週とくらべるとずいぶんお昼は暖かくなっていますが、朝夕の冷え込みはやはり今時の寒さ…
わが家では先週からカラダが温まる鍋が続いています(^^)

先日は今年初のおでん。うちのおでんは鶏からとった出汁と昆布出汁を足したものを使っていますが、1日目のおでんの時に入れた、四宮の練りものや、牛すじの出汁が入った2日目のおでんも大変おいしく、更に3日目のシメまで入れると1回のおでんで3回楽しむシステム(?)になっているので、お出汁には手間と時間を使ってでも美味しいものを作るようにしています。

ところで皆さん、おでんの後のお出汁はどうされていますか? お客さまとお話ししていたところ、寄せ鍋などの他の鍋と違い雑炊や麺などの〆は作らず、出汁は捨ててしまうという方も多いようです。 確かに関西のおでん出汁には甘辛い味がしっかりついているので、おでん以外には使い勝手がわるいのかもしれませんが、スープには良い出汁が取れてるので、わが家では多めに作っておいた牛すじ肉を串から外し、すじカレーに変身させています(^^)v

正統派のカレーとはちょっと違いますが、甘辛く1度食べるとクセになる旨味あるカレーに仕上がります。基本、和風だしなのでカレーうどんでも美味しいですよ(^0^)

おでんの後の出汁どうしよう??捨てるのもったいないし… と、お考えの方に是非お試しいただきたい、今日は大阪長居のオーガニック八百屋の、神ってる〆メニューの紹介でした(←今年の流行語を使ってみたかっただけ?ww)

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*